PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
東関親方 情報開発学院で相撲界語る
 新しいまちづくりが進められている東本町地区の全体の雰囲気について考える市の都市景観懇談会と同作業部会が27日、市役所で開かれ、委員が意見を交換してイメージを膨らませた。

 同懇談会は、うるおいとやすらぎのある快適な都市づくりのために、よりよい都市景観を形づくろうと、平成4年秋に設置。委員は学識経験者、民間団体の代表ら12人を市長が委嘱。必要に応じて懇談会を開催している。

 今回の議題は「東本町まちづくり事業景観検討」。まず市の都市計画課、中心部まちづくり事業推進室の担当が東本町まちづくり事業の概要や建築協定などを説明。全体のイメージづくりや、アーケード・街路の雰囲気、柏高大門前に計画されている「にぎわいの道づくり・ストリート棟」の景観を中心に意見交換した。

 委員からは「歴史や文化が感じられる街に」「自然を大切に」「中堅層に近い若者が集い、子供も年配者も集まれるような所に」といった意見が出された。

 懇談会に続いて作業部会(部員10人)も開かれ、委員の意見を参考に、「海のイメージで」「風を感じて」「絵になる空間を」などのアイデアを出し合った。

 次回の作業部会は6月5日。今後、イメージをさらに膨らませ積み上げて、多くの市民から親しまれる街の景観をまとめていく予定だ。

 なお、これまで懇談会の座長を務めていた光益徹也・新潟産業大学教授がこのほど辞任し、新たに西村伸也・新潟大学工学部教授が座長に選出された。

(1998/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。