PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
東本町のイメ−ジ検討 市都市景観懇談会
 市内若葉町のコンピューター専門学校、柏崎情報開発学院(阿部英一校長)は27日、ハワイ出身で大相撲の人気力士だった元関脇・高見山の東関親方を招き、特別講座の公開講演会「辛抱と努力・土俵ひと筋」を柏崎情報開発センター大ホールで開いた。

 講演は学生、市民ら約80人が聴講した。親方は昭和38年、高砂部屋に入門し、翌年の春場所で初土俵。47年の名古屋場所で史上初の外人力士優勝を飾った。20年にわたり現役を続け、61年に東関部屋を開き、横綱曙はじめ多くの力士を育てている。

 講演では、高校時代はフットボール選手だった親方が力士になるまでの歩み、しこ名の由来、入門当時の相撲界と今日の違いなどを語った。けい古は昔ほど厳しくないはずなのに、入門した新弟子の10人中6人がすぐ辞めていくなど、部屋運営の厳しさにもふれた。広報担当として日本相撲協会のホームページで英語をチェックしているとし、「ぜひ一度アクセスを」と述べた。

 聴講の市民からは、「横綱に格下げはないのか」「ちゃんこ鍋は部屋によって違いがあるか」「相撲人気の陰りをどう見るか」などの質問が相次ぎ、「曙にもっと気合いを入れてほしい」とげきもとんだ。親方は「力士はちゃんこを食べなければいけないのに、ほかほか弁当やハンバーガーが好きで困る。野菜もちゃんと食べなければ」などと答え、「今はぶつかりけい古はしないが、口でけい古をつけている。『この野郎』『ばか野郎』『しようがない』は毎日使う」と会場を沸かせた。また、「成功する力士は足が大きいことと、運動神経。でも一番はファイトとやる気。目標をもたないと、いいところに行けない」と学生を激励した。

(1998/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。