PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
県内市町村の予算 刈羽村の伸び率連続トップ
 県はこのほど、今年度の県内市町村一般会計当初予算の概要をまとめた。3年ぶりにプラス予算の柏崎市は、前年度に続いて県下四番目の規模。また56.3%もの伸びを示した刈羽村は、2年連続で伸び率トップとなった。

 112市町村の予算総額は今年も1兆円を超えて1兆416億1,100万円だったが、伸び率は0.1%にとどまり、前年度を0.3ポイント下回った。全般に景気の低迷などから地方税収の伸びを期待できないことや、地方債残高と公債費が増大を続けていることなどから、緊縮型の予算編成となった。

 市町村別で最も予算規模が大きいのは新潟市の2,001億円(1%増)。以下、長岡市・667億6,600万円(3.1%減)、上越市・492億9,700万円(2.3%増)、柏崎市・394億7,000万円(3%増)、三条市・285億9,700万円(0.1%増)――で、上位の順位は例年と変わっていない。

 一方、伸び率では、刈羽村が原発財源のピークを迎え、生涯学習センター整備などで予算を膨らませて県下トップの56.3%(105億3,700万円)。同村は前年度もやはり生涯学習センターの本格着手などを背景に53.4%の県下トップの伸び率だった。2位は西山町の29.2%(46億9,700万円)で、保健福祉センター建設などに伴うものだ。このほか伸び率の高いのは、大潟町の15.9%(42億9,700万円)、粟島浦村15.8%(13億7,300万円)、湯之谷村14.7%(55億8,200万円)。

 逆にマイナス比率が最も大きかったのは柿崎町の21.0%減(58億8,200万円)。主に総合体育館の建設が終わったことが要因だ。ほかに川口町や紫雲寺町など八町村が10%を超えるマイナスで、高柳町も10.6%減(25億7,700万円)だった。

(1998/ 6/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。