PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
公衆トイレの落書きなどやめて!
 夏を迎え、柏崎はこれから海水浴客や釣り人、帰省客など市外から大勢の人を迎えるが、市内の公衆トイレでいたずらや落書きが後を絶たず、管理する市では「観光柏崎のイメージダウンにつながる」と対応に苦慮している。

 今年4月に改修・オープンした御野立公園駐車場トイレでは、供用開始直後にピンク系塗料で便器にいたずら書きをされたのを皮切りに、ドアの破損、便器の取り外し、外壁への落書き、身障者用トイレタンクへの穴あけなど被害が相次いでいる。

 市ではその都度、修理や塗装直しを行ってきたが、直しても直しても繰り返される被害に、「我慢にも限度がある」と怒り心頭の様子だ。

 かつて公衆トイレといえば「暗い・臭い・汚い」が相場だったが、近年は全国的に衛生的で心地よいトイレが増えており、観光地のイメージアップにつながっている。柏崎でもきれいなトイレづくりを進めているが、心ない人によるイメージダウンが心配だ。

 これからの季節に向け、市では「トイレへのいたずらはやめて」と呼びかけているほか、地域の人や警察の協力を得て、公衆トイレの夜間パトロールも実施したいとしている。

(1998/ 7/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。