PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
七夕に願い託す
 7日は七夕(たなばた)。おり姫とひこ星が会えますように−−と笹飾りに願いを込めて、市内の各所で、それぞれ趣向を凝らした行事が開かれた。

 このうち松波保育園(茂野マキイ園長、園児数84人)では、星の冠をつけた園児たちが元気に七夕の集いを繰り広げた。歌を合唱し、茂野園長の七夕の話に熱心に耳を傾けた後、おり姫とひこ星の2人組になって楽しくゲーム。空の神様に扮装して指示する職員の姿に、園児たちは大はしゃぎ。笹飾りの短冊には、「お花屋さんになれますように」「優しいお姉さんになれますように」といった園児たちの小さな願いごとが託されていた。

(1998/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。