PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
ミニバス県大会 男子は田尻小優勝
 第11回県ミニバスケットボール選抜優勝大会(県ミニバスケットボール連盟主催)が11・12日、新潟市鳥屋野総合体育館など2会場で行われ、男子で田尻小学校(藤巻守雄コーチ)が柏崎勢として初優勝を飾った。田尻は8月10・11日に仙台市で行われる第11回東北電力旗東北ミニバスケットボール大会に県代表で出場する。また、女子では大洲ブルーマリンキッズ(木村貴之コーチ)が同じく柏崎勢として初の3位入賞を果たした。

 大会には地区代表の男女各16チームが出場。柏崎からは、6月の地区予選で優勝の男子田尻、女子大洲が出場した。田尻は準決勝で強豪の入船ブラックフォックス(新潟市)と対戦。前半18―30で押され気味だったが、相手のミスを誘った作戦で後半逆転した。決勝では松浜ブラックキャッツ(新潟市)と白熱した接戦の末、51―48の3点差で田尻が逃げ切った。藤巻コーチは「優勝を意識せず、のびのびプレーできたのがよかった」と話していた。

 また女子では大洲ブルーマリンキッズが準決勝で東わかくさ(新潟市)に41―52で敗れたが、初の3位入賞。木村コーチは「1つひとつの試合を大事にやって来た結果」と述べた。試合結果は次の通り。

  ▽男子準決勝
             18―30  
   田尻小 54        39 入船ブ
             36―9  
   
  ▽同決勝
             27―23
   田尻小 51        48 松浜ワ
             24―25
   
  ▽女子準決勝
             21―19
   東 わ 52        41 大 洲 
         31―22

 【田尻小学校】
▽コーチ=藤巻守雄▽Aコーチ=藤巻真理子▽マネージャー=高塩 ミチ子▽選手=高橋司、高塩真広、高橋良介、阿部政則、角田嘉寛、佐藤和、行田耕 介、田辺和之、石橋知也、笹川匠、関矢雅登、安中正彦、丸山亮、岡村光輝、村田祐 也

 【大洲ブルーマリンキッズ】

▽コーチ=木村貴之▽Aコーチ=後藤克彦▽マネージ ャー=小山裕美▽選手=小網由希恵、小山瑞恵、小網由里恵、黒松由貴、森田彩香、 赤沢かほり、林佳奈美、林茉由美、高橋佐智子、長谷川公葉、塩浦仁美、中原美穂里、 内山明音、中村玲奈、三井田瑛美

(1998/ 7/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。