PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
バイクのローリング走行ストップへ路面改良
 もう、バイクのローリング走行はさせない!!と、柏崎署と県柏崎土木事務所はこのほど、市内畔屋地内の県道柏崎小国線の急カーブ・急勾配地にグルービング(縦型安全溝)工事を実施した。春以来、この坂で急増した高速暴走運転を阻止するため、警察と道路管理者が協力し柏崎刈羽で初めて施工された。

 ローリング走行は、コーナリング技術の競争と称して、急な下り坂を高速でジクザク走行し、スピンターンを繰り返す行為。騒音をまき散らすとともに、一般車両を危険にまきこんだり、路肩やガードレールを著しく損傷したりする。

 柏崎小国線頂上の畔屋トンネルから市街地側は最大傾斜9%、最小半径15メートルという急勾配・急カーブが連続する。今年早々、ローリング族に人気の雑誌に“穴場”として紹介され、春以降、県内各地から深夜にローリング族が集まりだした。平日、休日を問わず、その数は20台以上。地域の人から柏崎署などに「うるさくて寝られない」「怖くて走れない」という苦情が殺到し、署でも深夜パトロールを強化。一時はいなくなったかに見えたが、夏が近づくにつれて再び姿を見せ始めた。

 柏崎署と土木事務所では道路自体をローリングのしにくい構造に改良することにし、採用したのが全国で施工例の増えているグルービングだ。舗装面に専用の機械を使って、幅9ミリ、深さ4ミリの溝を6センチの間隔で施工。4区間で延長370メートル、通常舗装の3倍に当たる1,200万円かかった。

 この溝は元々、寒冷地や標高の高い所でスリップ防止などで施工されたが、この構造がバイクのローリング走行を防ぐにも効果が高く、最近はこの対策として実施されるケースも多い。

 畔屋の坂には特別な交通規制がなく、柏崎署でもパトロールという消極的な対応しか出来なかったことから、近く夜間のUターン禁止規制を設けて、取り締まりの根拠にする方針。柏崎刈羽にはほかに数カ所のローリング族の集まる所があり、署では夜間パトロールの重点地にし、ローリング族を締め出していく考えだ。

(1998/ 7/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。