PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
高校野球 市内高19年ぶり初戦全敗
 第80回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は21日、県内6球場で2回戦の残る16試合を行った。春の大会8強でシード校の常盤は糸魚川白嶺に3―6で敗れ、柏農は三条東に4―20で五回コールド負けした。

 市内六校は全県一区制の今大会で、春四強の柏工など両シード校を含め、1、2回戦で初戦を飾れず、大会5日目にして姿を消した。夏の大会で柏崎勢がすべて初戦で敗れたのは、昭和54年(全県一区制)以来、19年ぶりだ。

 常盤は初回、主戦牧口が制球に苦しみ、2四球と三塁打で2点を失い、2回には守備の乱れで3点を失った。六回には大倉の三塁打で1点を返し、7回にも1点を挙げ、なおも2死一、三塁としたが、二盗を刺された。

 また、柏農は主戦高橋洋が三条東に16安打を奪われた。4回には2死二塁から田辺の二塁打などで2点を、5回には四球、敵失などで2点を返したが、及ばなかった。

 23日は県内六球場で3回戦16試合が行われる。佐藤池では新潟工、日本文理の両シード校、中越、十日町など強豪校の好カードが予定されている。

 ◇21日の結果

 【市内校の試合】
  =佐藤池球場=
  ▽2回戦
  常   盤 100001100 3
  糸魚川白嶺 23100000× 6
  【常】牧口―須長【糸】八木―伊藤

  =上越市営球場=
  ▽2回戦
  柏 農 00022 4
  三条東 10244× 20
     (五回コールド)
  【柏】高橋洋、若井―小島【三】吉田、安井―長井

 【佐藤池の市内校以外の試合】(既報分は除く)
  長岡向陵8―7六日町


 ◇23日の佐藤池の予定

  ▽3回戦
  新潟工  ― 新潟商 (午前9時)
  新潟第一 ― 中越  (午後11時半)
  十日町  ― 日本文理(午後2時)

(1998/ 7/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。