PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつりが開幕
 年間最大の市民イベント「ぎおん柏崎まつり」が24日から開幕。今年は東本町まちづくり事業の工事の関係で、会場が例年と変更になったものの、初日昼には小学生らによるマーチングバンドパレード、夜には情緒豊かに民謡街頭流しの踊り絵巻を繰り広げ、本格的な夏の訪れを華やかに彩った。この後、25日は港まつりと、勇壮・華麗なたる仁和賀、26日には海を舞台にした大花火大会へと続いていく。

 初日を飾る前夜祭になった民謡街頭流しには、前年よりやや参加団体数は減ったものの、町内会やコミセン、婦人会、子ども会、事業所などから56団体・約3,500人が参加した。

 午後7時、まつり協賛会長の西川市長が「3日間にわたるぎおん柏崎まつりの開幕です。市民、お客さんとともにたん能し、不景気、夏の暑さを吹き飛ばして、楽しみましょう」と力強く宣言した。

 さっそく、今年から進行形になった「三階節」を皮切りに、「柏崎甚句」「柏崎おけさ」を繰り返し踊った。東・西本町通り、駅通りにはあでやかなゆかた、粋なはっぴ姿の”踊り手”がそろい、返し歌、かけ声などで野趣豊かな雰囲気を盛り上げた。 

 この夜は新潟中央銀行わきに仮設のステージが設けられ、音頭取りは柏崎民謡保存会を中心に、公募の2人の唄い手、16人の市民による笛のおはやしで盛り上げた。心配された天候の崩れも大したことなく、沿道にはたくさんの人が集まり、踊りの波を楽しんでいた。

(1998/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。