PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
拉致疑惑で街頭署名 花火客ら285人協力
 北朝鮮による日本人拉致(らち)疑惑で、「蓮池薫さん・奥土祐木子さんと再会を目指す会」(小山雄二会長)はぎおん柏崎まつり最終日の26日夕、20年前に2人が消息を絶った旧市立図書館わきで、政府に事件の解明と早期救出を求める街頭署名を行った。この日は285人の署名と9,176円のカンパが寄せられた。

 旧市立図書館は昭和53年7月31日夕、2人の待ち合わせ場所とされ、蓮池さんの自転車が残されていた現場。会のメンバーと家族、親せきらは、花火大会の海岸に向かう人波に協力を呼び掛けた。中には、「体に気をつけて頑張って下さい」と声をかける子供連れもあり、家族を感激させた。

 8月2日は午後1時半から市民会館大ホールで失跡20年の集いが開かれる。小山会長は「友人として、家族と再会を果たしてもらいたい一心で活動を続けてきた」と発足後4カ月を振り返り、「打ち上げ花火で終わらせ、両親を悲しませたくない」と今後も地道に活動を続けていく意向をのぞかせている。また、蓮池さんの父親秀量さん(70)は「集いでは拉致問題を皆さんに理解してもらうよう心から訴えたい。柏崎から支援の輪を全国に広げていきたい」と話している。

(1998/ 7/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。