PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
柏崎の最高路線価は3年連続横ばい
 新潟税務署は17日、相続税、贈与税、地価税の算出基準となる平成10年分の県内路線価を公表した。それによると、柏崎税務署管内の最高路線価は13年連続で市内駅前2、モスバーガー柏崎中央店前。1平方メートル当たり24万円で前年と変わらず、変動率は3年連続で横ばいだった。

 路線価は道路に面した土地1平方メートル当たりの評価額。国税庁が毎年1月1日時点で地価公示価格、取引価格、不動産鑑定士などの意見をもとに算出する。国土庁が公表する地価公示価格の8割程度を目安に評価している。

 柏崎税務署管内の最高地は昭和59年まで市内東本町1の北越銀行柏崎東支店前(移転前)で、同60年から駅前2の今のモスバーガー前となった。以来、同所の路線価は平成4年まで毎年3.6%から32.4%の間で上昇し続けたが、平成5、6年と上昇率ゼロが続き、7年に初めて前年を5,000円、2.1%下回り、24万円となった。

 商業地、工業地などを含む県内約9,000地点の標準宅地の平均額は6万4,000円で、前年比マイナス3.0%。5年連続の下落で、下落幅は前年の同2.9%からわずかながら拡大した。平均額は47都道府県中36位で、前年と同じだった。

 前年同様、最高路線価が上がった税務署はなく、前年は「変動なし」だった糸魚川署管内がマイナスに転じ、10署管内で下落。柏崎、十日町、村上で前年と変わらなかった。新潟、長岡、上越など5署で下落幅は縮小し、新発田、三条など4署で拡大した。

 県内13署のうち最高路線価が最も高かったのは、新潟市東大通1の堀川ビル前の150万円(前年比マイナス16.2%)。10年連続の1位だが、価格はピーク時の半額以下で平成元年の水準に下がった。続いて、長岡市大手通1の120万円(同10.4%)、上越市本町5の30万円(同3.2%)、湯沢町湯沢1の27万5,000円(同8.3%)。柏崎は前年と同じく5位だった。

 なお、全国約39万地点の平均額は17万円。前年比マイナス5.0%で、6年連続の下落だった。

(1998/ 8/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。