PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
常盤高吹奏楽部が西関東コンクール金賞
 今年で第4回を迎えた西関東吹奏楽コンクール(同吹奏楽連盟など主催)がこのほど、新潟市の新潟テルサで行われ、柏崎常盤高校吹奏楽部(顧問・稲田瑞枝教諭、小山久美子部長、部員数35人)が高校Bの部で金賞に輝いた。昨年に続き、県代表校として出場。念願の最高の賞に、部員たちの笑顔があふれた。

 同校吹奏楽部は昭和58年、創立80周年の際に楽器を購入し、発足した。翌年さっそく県代表になった後、63年、平成5年にも県大会を突破している実績校。昨年には4年ぶりに県代表として出場したものの、銅賞にとどまった。

 今年も夏休み中に開かれた上越地区大会、県大会を経て、同コンクールへの出場を決めた。演奏曲目の「交響的変容」(保科洋作曲)をまとめ上げ、県内の高校勢では新潟江南と共に金賞を射止めた。 

 小山部長は「夏休みもなく、厳しい練習だったが、部員が一丸になって取り組んだ甲斐(かい)があった」と話し、稲田教諭は「昨年の悔しさもあって、これまでと気持ちを変え、部員全員が一生懸命に練習した」と感慨はひとしおだ。

 この後、11月23日には市民会館大ホールで定期演奏会を予定しており、今度はこれに向けて練習を続けていく。

(1998/10/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。