PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
東本町1の本町通り 15日から対面通行
 東本町まちづくり事業区間の本町通り(高伝―星野時計店間400メートル)が15日から、終日対面(交互)通行に切り替わる。同区間Cブロックでショッピングセンター「フォンジェ」が22日にオープンするため、商店街活性化を目指し、現在の一方通行規制を解除するもの。ただ平成12年春までA・Bブロックで工事が行われていくことや、ドライバー・歩行者とも今の交通の流れに慣れていることから、柏崎署や関係機関などでは安全・円滑な交通確保に理解と協力を求めている。

 本町通りはアーケード整備が終わった昭和45年4月から、車両交通の円滑化を目的に、東本町(旧本町5)から四谷までの区間が夜間を除いて一方通行になった。

 しかし、まちづくり事業によって、道路拡幅と駐車場整備が行われるのに伴い、「フォンジェ」や商店街の利用をより便利にしたいとして商店街振興会と柏崎署が協議を重ね、同区間の規制を28年ぶりに解除することにした。

 現在の本町通りは車道9メートル、歩道は片側それぞれ2.7メートル。道路拡幅が終わると、車道が11メートル、歩道は片側で4メートルの19メートルとなる。また沿道の商店が自主的にさらに歩道から1メートル後に下がり(セットバック)、ゆとりと潤いのある空間を目指すため、さらに広がった感じになる。

 ただ東本町1の再開発区域では12年3月の完了を目指して、Aブロック・Bブロックで次々と道路や建物の工事が続くことになり、対面通行とはいうものの、工事の進展に合わせる形で片側交互通行など一時的な制約は避けられず、混雑・渋滞が予想されるのも現実だ。

 柏崎署や関係機関では、ドライバーに対して「路上駐車をせず、駐車場を利用する」「スピードを控え、譲り合いの気持ちで通行する」「中央通り方面への右折の際は反対車線へ間違って入らない」など理解と注意を呼び掛けている。

 また歩行者も長年にわたり、片側からしか車が来ない状況に慣れてしまっていること、車道の幅もこれまで以上に広くなっていることから、「左右の安全確認をしっかり」「横断歩道のある所で渡る」など事故防止をPRしている。

 なお、東本町2(旧本町7)から四谷間はこれまで通り、一方通行のままだ。

(1998/10/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。