PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
にぎわいの道づくり 貝で波打ち際イメージ
 市が東本町まちづくり事業の一環として柏高前市道(2―17号線)で進めている「にぎわいの道づくり」でこのほど、保育園児らが今夏拾った貝が歩道やベンチの周辺に張り付けられた。

 この市道の100メートル区間は、同時に整備を行っているストリート棟と合わせて、歩行者に快適な空間をつくり出そうという構想。ゆったりとした曲線を描く幅五メートルの石張りの車道や、海をイメージしたたまり場のある歩道にケヤキやヤマボウシなどの花と緑を配置し、しゃれた照明も取り付けて、柏崎には今までなかった雰囲気の道にする。完成・開通はショッピングセンター「フォンジェ」のオープンに合わせて22日の予定だ。

 市ではこの道の目玉に──と、今年夏、柏崎保育園の子供たちからたくさんの貝を拾ってもらった。道路には渚と砂丘、波をイメージしたベンチが二カ所に設けられることになっており、貝はここに使われた。貝と小石をモルタルで張り、乾かないうちに作業員がシャワーとハケでモルタルを洗い流すと貝が姿を現し、波打ち際の雰囲気そのまま。担当の市職員や、作業を進める人たちも「多くの人に親しまれたら最高」と話していた。 市が東本町まちづくり事業の一環として柏高前市道(2―17号線)で進めている「にぎわいの道づくり」でこのほど、保育園児らが今夏拾った貝が歩道やベンチの周辺に張り付けられた。

 この市道の100メートル区間は、同時に整備を行っているストリート棟と合わせて、歩行者に快適な空間をつくり出そうという構想。ゆったりとした曲線を描く幅五メートルの石張りの車道や、海をイメージしたたまり場のある歩道にケヤキやヤマボウシなどの花と緑を配置し、しゃれた照明も取り付けて、柏崎には今までなかった雰囲気の道にする。完成・開通はショッピングセンター「フォンジェ」のオープンに合わせて22日の予定だ。

 市ではこの道の目玉に──と、今年夏、柏崎保育園の子供たちからたくさんの貝を拾ってもらった。道路には渚と砂丘、波をイメージしたベンチが二カ所に設けられることになっており、貝はここに使われた。貝と小石をモルタルで張り、乾かないうちに作業員がシャワーとハケでモルタルを洗い流すと貝が姿を現し、波打ち際の雰囲気そのまま。担当の市職員や、作業を進める人たちも「多くの人に親しまれたら最高」と話していた。

(1998/10/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。