PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
荒海でみそぎ研修  
 県内の若手神主でつくる県神道青年協議会(佐藤明史会長、会員百36人)は20、21日、市内鯨波3の浪花屋でみそぎ鎮魂の行法研修会を開き、初日夕は波しぶきが砕ける海岸でみそぎを行った。

 同協議会は年間を通じ県内、北信越の研修会などを重ね、昨年から柏崎でみそぎ鎮魂の研修を行っている。今年は北蒲原から中頚城の神主20人が参加。県神社庁錬成行事道彦の本田博信・弥彦神社権禰宜(ごんねぎ)を講師に迎え、行法と鎮魂の指導、説明を受けた。

 参加者は神拝行事の講習後、白鉢巻きに裸身、素足で日没の海岸に向かい、みそぎはらいの斉唱などで気をみなぎらせた。寒風のなぎさに立って気合いを入れると、沖合で波しぶきが上がる海中に次々と飛び込み、肩まで水につかりながら、大はらいの言葉を奏唱した。

(1998/10/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。