PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
アクアパ−ク入館者が100万人に
 平成5年夏にオープンした県立のレジャー・スポーツ施設、柏崎アクアパークの入館者が1日、100万人に達し、100万人目の親子連れらに記念品などが贈られた。また、この日はアイススケートリンクがオープンし、約1,430人が初滑りやイベントを楽しんだ。

 100万人目は、家族とスケートを楽しみに来た市内安田の主婦・稲葉るり子さん(39)。西川市長からお祝いの記念品や花束を受け取り、「予想していなかったのでとても嬉しい」と話していた。前後賞として、るり子さんの長女で、田尻小5年の萠子さんと、萠子さんの友人で同級生の宮沢歩依さんに花束などが植木柾雄・市体育施設管理公社理事長から贈られた。3人にはアクアパークの1年間フリーパス券が贈られ、萠子さんは「毎日でも遊びに来られる」と笑顔を見せていた。

 柏崎アクアパークは県が総工事費約60億円を投入し、平成5年、市民球場跡地に完成した。50メートル公認プール(冬季はアイスリンク)、レジャープール、浴室、レストランなどを設置。体育施設管理公社が運営にあたっている。年間約16−18万人の利用者があり、スポーツ・レジャー施設として親しまれているほか、県外の有力大学、スイミングクラブなどの合宿も盛んに開かれている。

 また、この日はアイスリンクがオープンし、リンクでは家族連れや小中学生、高校生のグループなど約420人が初滑りを楽しんだ。初日のオープン行事として、体験カーリングや柏崎アイスホッケー連盟の学生・社会人チームの試合など、多くのアトラクションも行われた。ロビーではフリーマーケットも開かれ、洋服やおもちゃなどの店が並び、たくさんの買い物客でにぎわっていた。

(1998/11/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。