PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
茨目駅に横断歩道橋新設
 鉄道利用者の安全対策として、市がJR茨目駅で計画していた横断歩道橋の桁(けた)の架設工事が5日未明に同駅で行われた。この後、階段部分の据え付けや市道9―1号線側(通称・南口)に新たに改札口を設ける工事を行い、年内には利用できるようにしていく。

 同駅は昭和39年12月に開設された無人駅。広い駐車場があり、長岡などへの通勤利用者が多いが、跨(こ)線橋はなく、上り線への出入りは柏崎側に設置されている踏切を利用している。こうした中で、特急や貨物列車の進入に気づかずに事故に遭うなど、近年は死者が毎年のように出ていた。

 さらに同駅付近は近年、新興住宅地として発展してきており、駅の安全対策と市道9―1号線側住民の鉄道利用の利便性を高めるため、平成9年度から横断歩道橋の新設準備を進めてきた。

 歩道橋は長さ20メートル、幅1.5メートルで、現在の改札口側(通称・北口)は「く」の字型に、上り線側にはストレートで階段がつく。レール面から歩道橋までの高さは架線などの関係で7.26メートルあり、落下防止対策として手すりと高さ2メートルのフェンスがつけられる。

 また、このフェンスは防犯面の配慮から半透明の材質を使用。屋根はなく、階段と歩道橋部分にロードヒーティングを設置して雪が積もらないようにする。

 JRでは歩道橋新設に合わせて南口として待合室と改札口(出入口)を設置。市では9―1号線から改札口までの50メートル間に新しい市道も設けて利便を図り、将来は周辺の整備も行いたい考えだ。

 歩道橋本体はあらかじめ製造・組み立てられており、5日未明の通過列車のない2時間の間に、大型クレーンで橋脚の上に据え付け。引き続いて、階段の取り付けやロードヒーティングの工事を進め、新設市道の舗装は残るものの、年内には利用できるようにしたいという。市が行う工事の事業費は約1億2,000万円。

(1998/11/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。