PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
バスケット日本リーグ 力と技に歓声
 市内出身の鍵冨善宏選手(丸紅)が出場した第32回バスケットボール日本リーグ新潟シリーズ(日本バスケットボール協会など主催)の柏崎大会が15日、市総合体育館で開かれた。男子1、2部リーグの公式戦2試合が行われ、迫力ある見事なプレーが繰り広げられた。会場には約2,700人のファンが詰めかけ、日本トップクラスのプレーを観戦した。

 第1試合は2部リーグの東京海上−丸紅で、丸紅は前半7点差のリードで終了。後半、東京海上は点差を縮めることが出来ず、79−60で丸紅が逃げ切った。鍵冨選手はスターティングメンバーで出場して16点を挙げた。「地元の試合なので絶対勝ちたかった。たくさんの応援があってうれしかった」と話していた。

 第2試合は1部リーグの三井生命−いすゞ自動車。開始からいすゞペースで試合は進み、三井は反撃のきっかけをつかめず、いすゞが92−66で圧勝した。会場にはそれぞれの応援旗が張られ、観客たちは力と技のプレーに大きな歓声を上げていた。

        40−31
  丸 紅 79     60 東京海上
        39−29

        55−30
  いすゞ 92     66 三 井  
        37−36

(1998/11/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。