PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
市が柳平にブナ740本植樹
 市内鯨波・柳平地内にこのほど、市の委託を受けた市森林組合の手でブナの苗木740本が植えられた。平成8年に施行された市環境基本条例に基づいての市有地・市有林への植栽だ。

 市では長年にわたり用材を目的とした松や杉の植林をしてきた。柳平でも昭和40年代から杉が植え続けてきたが、今回、環境基本条例・基本計画に基づき、保水や酸素供給能力が高く、多様な生態系の維持にも欠かせないブナの木を植えた。場所は柳平の駐車場のわき37アールで、苗木は高さ約1メートル。

 森林組合の話によると、ブナはまず約3年をかけてしっかりと大地に根を張り、その後、天に向かって伸び始めるという。市では今後もブナなど広葉樹の植栽を市有林で続けていく。

 環境基本条例は、将来にわたって市民が健康で文化的な生活を営むために不可欠な快適環境の確保に市民、事業者、市の役割・責務を示したもの。基本計画では「望ましい4つの環境像の実現」として、(1)環境に負荷の少ない循環型社会(2)人と自然が共生した潤いのある社会(3)自ら考え行動する参加型社会(4)地球環境に目を向けた国際型社会──という目標を設定している。

(1998/11/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。