PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
川内で土砂崩れ、市上水道導水管が流失
 市内鯨波(川内)の市道6−125号線で21日に土砂崩れが発生し、市上水道の主水源である赤岩ダム・谷根ダムと赤坂山浄水場をつなぐ導水管が約40メートルにわたって流失していたことが24日明らかになった。市ガス水道局が公表したもので、3ルートを併用している導水管のうち、下水道工事で止めてあったルートを急きょ接続し、市民への給水に支障が出ることは防いだとしている。

 同局によると、土砂崩れを確認したのは21日午前4時半。県道鯨波宮川線から300メートルほど入った市道で土砂3,000立方メートルが40メートルの延長で崩落、埋設してあった口径600ミリの導水管が流失していた。赤坂山浄水場では前夜から雷のため計装機器が停止し、監視を手動に切り替える作業を続けていたが、午前2時ごろ、ダムからの原水流入が少ないことが分かり、その後、職員が現場に行って発見した。この道路は、上水道の第6次拡張事業で導水管を埋めた通称「導水管道路」。

 ガス水道局では現場付近を通行止めにするとともに、災害対策本部を設置。関係方面に連絡をとった上で、川内地内の下水道工事で停止していた第3次拡張事業の導水管(口径450ミリ)を仮配管で復旧させ、午後1時半過ぎに通水を開始した。

 赤岩・谷根ダムから赤坂山浄水場への導水ルートは、このほかにも第5次拡張事業の管(口径600ミリ)があり、災害発生時は、三拡のものを除く2ルートが稼働していた。今回の緊急対策により、三拡・五拡の両ルートで日量57,000立方メートルを確保。流失した導水管も仮設工事を23日までに完了した。今後、防護工事をして今週中に通水を行う予定だ。土砂崩れの原因については、最近の雨によるものという可能性が最も高い。

 同局によると、一時的に導水ルートが1本になった間も、浄水場の配水池(26,000立方メートル)の水で賄えたことから、給水に影響はなかった。このため、市民への広報も行わなかったと説明している。

 市上水道の水源は川内ダムと合わせて3カ所あり、赤岩・谷根ダムからは赤坂山浄水場を経て、市内給水区域の9割を占める約31,400戸に給水している。

(1998/11/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。