PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
初冬にあったか昔話 語り部の会
 市内の主婦でつくる「柏崎語り部の会」が23日夜、柏崎エネルギーホールで「むかしばなし語りの夕べ」を開き、市内外の聴衆百人余りが初冬の一夜を楽しんだ。

 同会は、いろり端で祖父母に聞いた昔話の魅力に引かれ、3年前から月1回のペースで練習を続けてきた。メンバーは現在13人。研さんの励みにしようと初めて発表会を計画し、先月から準備を進めた。第1部は会員の主婦7人が地元ゆかりの昔話を披露。第2部は三島越路町の高橋ハナさん(85)の「ボタとカエル」「ムジナととっつぁ」など、市外、県外にも招かれる名手6人が特別出演で花を添え、土の匂いのする語りで会場を沸かせ、大らかな世界をつむいだ。

 緊張しながらも初めて舞台を務めた会員らは、聴衆の笑いと温かな拍手に励まされ、すっかり感激した様子。市内西長鳥の中川ナツ子さんは「出来、不出来はあったが、素晴らしい成長ぶりだった」と笑顔をのぞかせた。会では今後、学校、幼稚園、老人ホームに出かけて行くことも考えていきたいとしている。

(1998/11/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。