PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
壮年野球の柏崎エラーズが40周年の記念誌発行
 市内壮年野球の草分けとして知られている柏崎エラーズ(森定雄代表)が今年、創立40周年を迎えたことから、このほど記念誌を発行した。

 同チームが発足したのは昭和32年。「45歳以上」という年齢制限があり、現在、82歳の森会長を最高にメンバー35人の平均年齢は60歳を数える。

 記念誌には「沿革」や「先輩会員からの一言」「現在の会員のプロフィール」「戦果の証」などのほか、第2代会長を務めた故・月橋たかしさんの遺稿も載せられている。

 40年前の創立当時は対戦相手がおらず、県内に呼びかけて壮年野球の最初の県大会を開いたのが昭和40年。今の県大会のルールは事実上、柏崎が決めたものという。その特別ルールに「必ずピッチャーは3人を使う」「選手交代はいつでも自由」「9人の選手の合計が450歳以上であること」の3つがある。

 今では、県大会のほか全国大会も開かれるようになり、柏崎エラーズもブロックの上位で入賞するなど活躍している。

 記念誌発行を祝って29日に開いた会も大いに盛り上がり、月橋さんの「会員は酒が飲めること」というルールが今でも生きているという。

(1998/12/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。