PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
鯖石川改修の新しい橋は「平成大橋」

 鯖石川改修事業で新河川の橋場町・槙原町地内に架かる市道11−130号線の新設橋がこのほど「平成大橋」と命名された。今年度工事として2基の橋台と中央の橋脚1基が完成しており、引き続いて上部工(橋げた)の工事も近く始まる。橋が完成してから同部分の河川を掘削することになる。

 この橋は、将来はたもとに河川公園が造成されることから、これまでは「仮称・公園橋」と呼んできた。いよいよ今年度に橋の工事が本格的に行われるのに伴い、鯖石川・別山川下流改修促進期成同盟会(与口登美夫会長)がいくつかの候補を出し、正式な名称を決めた。鯖石川下流には「安政橋」、上流には「天保橋」「大正橋」など年号にちなんだ名が数多くあること、さらに同河川改修が平成の大事業でもあるため「平成大橋」とした。

 新しい橋は橋場町と松波町とを結ぶ東部・北部市街地の交通動脈となるもので、長さ117.7メートル、幅11.0メートルのコンクリート製。2車線の車道に、片側に2.5メートルの歩道がつく。橋台、橋脚工事は昨年暮れに始まり、今秋には一応終了。近く、桁(けた)の工事に入り、来年のうちには橋として完成させる。その後、橋部分の土を掘り、すでに掘削されている新河川とつなげていく。

 鯖石川は昭和53年の6.26水害を契機に、毎秒1,100トン水量に向けての第2次改修が県の事業で進められている。全体計画は河口から藤井堰、大正橋に至る約10キロと、別山川の一ノ堰川合流部までの4.8キロが対象だ。しかし事業規模が大きいことから県柏崎土木事務所で、21世紀初頭を目途に、河口から別山川合流部までの約4キロ区間で、暫定断面による改修(計画の半分に当たる毎秒550トンの水が流せる規模)を進めている。

 その最大の工事が、市内橋場町、槙原町地内の大きく蛇行した部分のショートカットで、掘削は平成8年度からスタートした。新河川は中心線で約800メートル(長い方で約1,000メートル)、幅は堤防部分を含めて120メートルから140メートル。新しい橋の部分や排水路接続点、現河川との接合部分を除いてすでに掘削が完了している。河川の完成は12年度が目標だ。

 上流部の接合部にある「開運橋」も架け替えられることになっており、その橋台(2基)と橋脚3基のうち橋脚2基がこのほど発注された。新河川と現河川との中間に出来る3カ月形の土地は改修記念公園として整備する計画だ。

(1998/12/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。