PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
ガンカモ調査 西山にハクチョウ175羽

 県環境企画課はこのほど、1月15日に県内44地点で実施した「ガンカモ科鳥類生息調査」の結果を公表した。柏崎刈羽の調査地点は例年と同じく鯖石川河口−番神の柏崎海岸、柏崎刈羽原発構内、西山町長嶺の大池の3カ所。ハクチョウ類百75羽、カモ類5,140羽が確認された。ガン類は今年も見られなかった。

 この調査は野鳥の保護と生息環境の保全を目的に、昭和45年から全国一斉に行われている。柏崎刈羽では日本野鳥の会柏崎グループが県の委託を受けて、種類と数を調べた。

 郡市3地点の調査結果は別掲の通り。原発構内のカモ類の数は3,849羽で、視界の悪かった昨年より約1,600百羽増えたが、調査を担当した柏崎グループの小林成光さんは「防波堤の陰に隠れて確認できなかった所も多く、実際にはもっとたくさんいる」と話している。また県内に飛来するハクチョウの93%がコハクチョウという中で、長嶺のハクチョウはすべてオオハクチョウだ。

【柏崎海岸】合計 342 羽

 ▽カモ類
マガモ32、カルガモ96、コガモ204、ホシハジロ7、シノリガモ2、ホオロジガモ1

【原発構内】合計 3,849 羽

 ▽カモ類
マガモ2011、カルガモ575、コガモ1210、ヨシガモ36、オカヨシガモ1、ヒドリガモ4、オナガガモ12

【長嶺大池】合計 1,124 羽

 ▽ハクチョウ類
オオハクチョウ175
 ▽カモ類
マガモ650、カルガモ120、コガモ65、ホシハジロ110、ミコアイサ4

(1999/ 2/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。