PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
平山知事が3選出馬表明

 柏崎市出身の平山征夫知事(55)は25日、県議会2月定例会本会議の代表質問に対する答弁で、今秋行われる知事選について「県民の支持が得られるならば引き続き任務を全うしたい」と述べ、3選出馬の考えを初めて公式に表明した。

 3選出馬は嵐嘉明氏(自民)がただしたもの。知事は、本県が行財政再構築や新長期総合計画策定を進めている現状を指摘し、「これらを完遂するとともに、日本海大交流時代の拠点性の発揮など、これまで手がけてきた県勢発展の取り組みを大きく花咲かせ、県民の福利の向上を図るため最大限の努力をしたい」と述べた。その上で「こ れまで多くの皆様からいただいた叱咤(しった)・激励を厳粛に受け止め、県民の支持が得られるならば、引き続きその任務を全うしたい」との考えを示した。

 知事選は任期満了に伴い今年9月から10月の間に行われる予定で、今のところ、ほかに立候補予定者はいない。

 平山知事は市内新橋出身。柏高から横浜国大経済学部卒。日銀新潟支店長、仙台支店長を務めた。金子前知事が佐川献金事件で辞任したことに伴う平成4年の知事選に出馬し、自民・社会・公明・民社各党推薦で初当選。8年には自民・社民・新進・公明推薦で再選を果たした。

(2000/ 2/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。