PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
柏崎地域早期景気観測で、製造業が大きく好転

 柏崎商工会議所(植木馨会頭)がこのほどまとめた1月度の「柏崎地域早期景気観測調査報告書」によると、全体の業況DI値(「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた指数)は前月より3.0ポイント改善して、-30.7となった。 中でも柏崎の基幹産業である製造業の業況DIが前月より11.1ポイント好転し、0.0となったことが注目される。これは「増加・好転などの割合」から「減少・悪化がきっ抗したことを表している。この数字は全国平均(マイナス33.2)を大きく上回っている。業界内からも「ようやく長いトンネルから抜けられるのかなとの感触がある」という声が寄せられており、景気低迷からの脱出に期待がかけられている。

 建設業とサービス業の業況もそれぞれ前月より9.6ポイント、7.1ポイント好転したが、他方で卸売業、小売業が悪化し、全体では3.0ポイントのわずかな好転にとどまった。

 なお、「向こう3カ月の先行き見通し」では-32.7ながら全体で前月より10.3ポイント好転するとの見方を示している。業界により数字に差はあるものの、すべての産業で好転を見込んでいる。

 業種別DI値は次の通り(かっこ内は全国値)

三カ月の見通し
【建設業】 -25.0(-43.9) -33.3(-38.9)
【製造業】 0.0(-33.2) -11.1(-23.9)
【卸売業】 -46.7(-36.5) -40.0(-26.6)
【小売業】 -50.0(-52.2) -43.8(-39.7)
【サービス業】 -42.9(-44.7) -42.9(-32.3)

(2000/ 2/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。