PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
西山町大崎で雪割草まつり

 西山町大崎、雪割草の里で18、19日、第4回雪割草まつり(大崎雪割草保存会主催)が開かれる。今月の今季オープン以来、シーズンを待ちかねた愛好者らの問い合わせもあり、早くも県内外から入場者が訪れている。

 大崎の雪割草は、一時乱獲などで絶滅が心配されたが、地元集落でつくる保存会の保護活動により、今では日本海に面した2.5ヘクタールの斜面に30万株が育つ。開花期を迎え、今月から育苗ハウスなどがオープンした。近年、テレビの全国放送で紹介されたこともあって、昨年は2日間で5000人を超す入場者でにぎわった。今年は初めて、神奈川県の旅行会社のバスツアーが4月まで26回訪れる。

 雪割草まつりは両日とも午前9時から。実生から育てた鉢を展示販売し、地元の特産物販売や、アオサ汁の無料サービスもある。19日は午前10時半から、同町伊毛の育種家でNHK教育テレビ「趣味の園芸」の講師・岩渕公一さんの栽培セミナーがある。同日朝には同局で雪割草の放送が予定されているという。

(2000/ 3/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。