PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
新統合財団・観光レク公社が発足

 新年度の始まりとなった1日、市内の公益3法人の統合による新財団「柏崎市観光レクリエーション振興公社」(植木馨理事長)の辞令交付式が産文会館で行われた。統合したのは観光公社、文化協会、体育施設管理公社。緊張感に包まれながら、新た な歴史の第一歩を踏み出した。

 3法人の統合は市の行政改革の一環として、施設管理の一元化などを行うことによって、効率的な行政運営を目指した。観光公社を母体にして、文化協会と体育施設管理公社を解散。観光公社がこれら2法人の事務・事業を取り込んだ。業務内容が異な る財団の統合は県内では初めて、全国的にも珍しい。新機構は1課5事業所11係、職員数は45人で組織した。

 式では植木理事長が1人ひとりに辞令を手渡し、「公社の目的を踏まえ、市民サービスの充実を図るとともに、市勢発展のための重要な仕事として認識が必要だ。自分が何をしなければならないか、何が重要かを頭に描いて行動してほしい」などと呼び掛け。「自らの健康管理を行い、日常業務に精進して、楽しい職場づくりに努めても らいたい」と述べた。

 新機構の主な人事は次の通り。

▽事務局長=佐藤辰雄
▽事務局次長・総務課長=石黒信行
▽柏崎海洋センター支配人=宮山秀樹
▽産文会館・市民会館館長=堀憲一
▽総合体育館・柏崎アクアパーク館長=名和保幸
▽博物館館長=三井田忠明

(2000/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。