PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
芸協が40周年制作例会「恋文」を来春

 柏崎芸術協会(曽田信英運営委員長)がこのほど、設立40周年記念事業として、「恋文(柏崎編)―はるかなる海辺の街によせて―」の制作例会に取り組むことを決めた。企画協力は柏崎郵便利用者の会。市制60周年記念協賛事業にも位置付けて、近く本格的な準備をスタートさせたいとしている。

 同協会は昭和35年に設立して以来、「よい芸術を、より安く、より多くの人と」を一貫したモットーにして、例会活動や事業を進めてきた。記念の制作例会は美しい日本語とメロディーで歌い上げる恋唄と、同利用者の会などの主催で全国各地に大き な反響を呼んだ「愛(いと)しい人へのラブラブメッセージ」から選び出された作品を中心にした朗読でステージを作り上げる。

 公演は来年3月10・11日、市民会館大ホール。音楽のみにとらわれず、ジャンルを超えたヴォイスパフォーマーとして活躍しているおおたか清流さんが恋唄を、親しみやすいキャラクターと円熟味を増した演技力で定評の佐藤B作さんが朗読を行う。ピアノ、パーカッションなどの演奏を添えるという珍しいステージ形態で、地元合唱団の出演も予定。同協会ならではの独自性を強く打ち出したい考えだ。

 このほか、記念の年の例会として岩崎宏美、森進一、中森明菜、中尾ミエ、グランディーバ・バレエ団、地人会などのステージが予定されている。

(2000/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。