PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
8号バイパス交差の「城東地下道」完成

 将来は国道8号バイパスの下をくぐることになる歩行者・自転車用「城東地下道」(市内城東一地内)が完成し、7日午後2時から現地で竣工式と渡り初めが行われる。式終了と同時に供用が開始される。

 現地はバイパスと国道353号との平面交差点予定地で、完成時にはかなりの交通量が予想され、さらにすぐ近くで2本の市道が交差している。またこの交差点は枇杷島小、新道小、鏡が沖中の中間に位置することから、自転車・歩行者と車を分離して、児童・生徒、地域のお年寄りらの交通安全を図る目的で、建設省長岡国道工事事務所が平成11年度に市道の交差点変更工事と併せて建設を進めてきた。

 横断地下道は長さ約70m、幅約4m。出入り口は明るく開放的な透明のポリカーボネート上屋とし、骨組みの色は背景の田園風景、落ち着き感、さらに柏崎バイパス全体の色調の統一に配慮して、渋いグリーンにした。内部には非常警報装置を設置し、非常事態を外部に知らせることが出来るようにした。

 竣工式・渡り初めには同国道工事事務所の平田五男所長をはじめ、市の関係者、城東、横山の町内会関係者、それに枇杷島保育園の子供たち約30人が参加し、テープカットを行う。

(2000/ 4/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。