PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
東本町まちづくりの完成祝う

 東本町まちづくり事業の完成を祝う「風のまち海のまち・オープン祭」が8・9日、地元商店街振興会と柏崎商工会議所で組織する実行委員会の主催で開かれ、初日こそ強い風と小雨に見舞われたが翌9日は快晴に恵まれ、終日大勢の人出でにぎわいを見 せた。

 8日午前10時からモーリエ2(A2棟)前で行われたオープニングセレモニーでは、西川市長と植木商工会議所会頭がそれぞれ「モーリエ1を除いて形ができた。大勢の人が訪れ、にぎわう街になるよう期待している」「苦節10年、関係者の努力に敬意を 表したい」とあいさつ。続いて事業関係者と「モーリエ」の名付け親の市内豊町、公務員・相沢宏之さん(46)が一緒になって、ファンファーレの鳴り響く中でテープカットを行い、まちづくり事業の完成を祝った。

 祭りのイベントは県警ブラスバンドのパレードで開幕。2日間にわたり、2つの特設ステージで民謡や太鼓、ストリートダンスなどの華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。また、路上でも多くのフリーマーケット、屋台が出店。美しく生まれ変わ った街で、大勢の家族連れなどショッピングを楽しんでいた。

 東本町まちづくり事業が本格的なスタートを切ったのは平成3年8月の「東本町まちづくり委員会」の事務所開きから。以来、都市計画決定や柏崎商業開発協同組合設立などを経て平成10年に東側C地区に柏崎ショッピングモール「フォンジェ」がオー プン。続いて今月には西側A地区にモーリエ2・3も完成した。この間、絶え間なく工事が続いたことから、増田泰一・東本町まちづくり委員会議長は「客足が遠のく中、関係者はこの日の来るのをどんなに首を長くして待ち続けていたことか」と完成を喜んでいた。

(2000/ 4/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。