PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
植木さんがそろばん師範10段に

 市内北園町、そろばん塾経営・植木實さん(72)がこのほど、日本珠算振興会(会長・鈴木善幸元首相)から師範10段位の認定を受けた。現役の指導者としては県内で初めてだ。

 師範10段位は指導者に贈られる最高段位で、今回は全国から20人が認定された。植木さんは今年1月までの17年間、自身が開いているそろばん塾から各種検定に受検者延べ1万人以上を送り出した実績が認められた。

 植木さんがそろばんを始めたのは小学5年生のころ。「手に職をつけるようにと母にいわれ、父とは1級取得の約束を交わした」と当時を思い出す。戦災で東京から市内に移り、小学校の代用教員をしながら25歳で商工会議所の珠算1級を取得後、そろばん塾を開いた。現在は市内6カ所で小学生を中心に約300人を教えている。

 植木さんは「10段位の認定は名誉なこと。そろばんを勧めてくれた両親に感謝したい」と喜びを語った。

(2000/ 4/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。