PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
柏崎の官製絵はがき 5枚組みで発売へ

 信越郵政局では柏崎の名勝と伝統芸能を広くアピールするため、21日から柏崎刈羽地区の郵便局で、絵入り官製はがきセット「越後路 柏崎」(5枚1組)を発行する。柏崎郵便局の窓口では同日午前9時から正午まで、同セットを購入した人のうちの希望者に初日用通信日付印の押印サービスを行う。

 市内の郵便局には以前から、市内外の利用者から「手軽に出せる絵はがきがほしい」という声が寄せられ、柏崎局と特定局で市民から写真などを募集し、発行の準備を進めてきた。

 絵柄は、日本海の落日(青海川)、えんま市、米山と米山大橋、海上大花火、綾子舞の五種類。50円の料額印面は「越佐の花」という題でチューリップとユキツバキをデザインしている。また、番神海岸の夕日写真を使い、観光ガイドを兼ねた専用の封筒がつく。印刷代や消費税などを含めて1セット350円。発行部数は20,000セット(柏崎局で10,000セット、その他の局で10,000セット)。

(2000/ 4/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。