PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
柏崎職安管内、昨年度の求人倍率0.41倍

 柏崎公共職業安定所(山口隆所長)のまとめによると、平成11年度の管内有効求人倍率(パートを除く常用)は各月とも0.4倍前後を推移する低調さで、年間で0.41倍と前年を0.1ポイント下回り、過去最低の水準だった。

 3月の常用の数値は前月と同じ0.43倍で県平均0.48倍を下回り、県内15安定所のうち10番目だった。常用では新規求人数が334人、新規求職者数は488人で、それぞれ前年同月比12.8%、1.4%の減少。就職件数は214件で、有効求職者数に対する割合は10.8%。前年同月より34.6%増えた。

 一方、パートを含む全数の3月の有効求人倍率は0.53倍で、半年ぶりに県平均と肩を並べた。11年度は年間0.48倍でやはり最悪の水準だった。

 昨年4月からの1年間で企業整理(1件5人以上)は31件、解雇者数は592人。前年度と比べ、件数は4件減ったが、解雇者数は157人(36%)増えた。営業停止などで大量解雇のケースが増えたためと見られる。

 管内では、10、11年度の常用の求人数は1万人前後で、前3カ年度の2万人台前半より半減したが、過去5年の就職件数は1700件台―2000件を推移。同職安では「厳しい情勢で求人は半減したが、求職者は就職条件を緩和し、異業種への転換も試みている」と見ている。また、「求人数は少ないが職種が豊富で、時間をかければ就職につながるのが管内の特徴」としている。

(2000/ 4/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。