PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
柏崎少年少女合唱団とウィーン少年合唱団共演へ

 天使の歌声で世界中の人たちに親しまれる「ウィーン少年合唱団」の柏崎公演(市、市教育委員会など主催)まであと約1カ月。プログラムの3部後半でジョイントが予定される柏崎少年少女合唱団(渡辺恒弘団長)は本番を目指し、練習に一段と熱を入れている。

 柏崎公演は6月10日、市民会館大ホール。市制60周年記念事業の一つとして、県内では本市と新潟市の2会場。市内ではすでに4月中旬過ぎには前売り券を完売するほどの人気だ。当日はプログラムを3部構成にし、第1部に「大ハレルヤ」などの宗教曲、2部に「小さな煙突掃除人」などのオペレッタ、3部に「流浪の民」などの世界の名曲が予定される。

 3部後半でジョイントする少年少女合唱団は平成9年6月、中央地区公民館・コミュニティセンターで青少年の健全育成を目的に発足した。これまで音楽に親しみ、豊かな心を育てたいとの願いのもとで活動を進めてきた。団員は小学2年生から中学2年生まで、男子7人を含む38人。今では柏崎小、一中のほか、東中、二中などからも参加している。

 当日は「来れ、汝(なんじ)ら芸術の子らよ」「ドラえもんのうた」の2曲を歌う。毎週日曜日午前の定期練習には鏡が沖中教諭・矢島昭彦さんの指導で発声練習、パート練習をこなし、団員たちは真剣そのもの。1曲は英語で歌うため、カセットテープ を何度も聴いて覚えた。関係者は「団員たちはほとんど欠席もなく、みんな熱心に練習に励んでいる。本番に向けて、さらに頑張って、曲を仕上げていきたい」と見守った。

(2000/ 5/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。