PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
「風の陣」26日から 参加規模は過去最大級

 5月末の恒例行事として市民にすっかり定着した「かしわざき風の陣」。今年も26日―28日、みなとまち海浜公園と柏崎港中浜ふ頭を中心に開かれる。実行委員会(仁木賢委員長)の最終全体会議が22日に市役所で行われ、各イベントの準備状況を確認したところによれば、バザールが47店舗出店するほか、フリーマーケットに150人、潮風マラソンに180人が申し込むなどいずれも過去最大級の規模になる見込みだ。

 今回は、夕日を食う会など恒例のイベントのほかに新規のイベントが2つ組まれた。1つは27・28日のヘリコプター体験遊覧飛行。すでに長野県や山梨県からも予約の問い合わせが殺到している。しかし予約は一切受けつけず、当日の先着順となる。中浜ふ頭から離発着し、飛行時間は5分から7分。料金は大人4,500円、子供3,500円。

 もう1つは26日午後6時半から夕陽のドームで開始される市民交流ウエルカムパーティー。全国の大学から集まる約100人のウインドサーフィンの選手やロシア帆船クルーと市民との交流パーティーで、大学生による瞬間芸やアトラクション、ディスコなどが計画されている。当日入場料千円で誰でも参加できる。飲み物と軽食付きだ。

 このほかの主要イベントの概要は次の通り。

【ロシア帆船船内見学】
▽日時=26日(午後2時―6時)・27日(午前10時―午後10時)・28日(午前10時―午後6時)
▽会場=柏崎港中浜埠頭
▽船内見学料=大人500円・子ども200円

【イムコワールドウイーク・イン柏崎】
▽日時=26日―28日
▽会場=柏崎中央海岸
▽出場選手数=91人(22日現在)

【潮風マラソン】
▽日時=28日午前9時50分スタート
▽スタート地点=10キロの部は多目的広場から(他は海浜公園)
▽参加選手数=180人 【ビーチソフトバレーボール大会】
▽日時=27日午前10時▽会場=みなとまち海浜公園ビーチ
▽出場チーム数=30チーム(ロシア帆船チームを含む)

【夕日を食う会】
▽日時=27日午後6時―9時
▽会場=みなとまち海浜公園夕陽のドーム
▽出演者=作芸人磨心ほか多数
▽入場料=1500円

【フリーマーケット・バザール】
▽日時=27日―28日▽みなとまち海浜公園
▽バザール出店数=47店舗

【綾子舞公演】 ▽日時=28日午後1時半―2時半
▽会場=みなとまち海浜公園特設ステージ

【子どもあそび広場】
▽ゴーゴーレッドとあそぼう(ゴーゴーレッドミニショー)=28日午後0時15分―0時50分(写真撮影大会あり)
▽ファミリー縁日=エレファント特急電車・なんだろう発明大臣▽会場みなとまち海浜公園 

(2000/ 5/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。