PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
柏刈日韓親善協会総会で、植木会長ら再任

 柏崎刈羽日韓親善協会(植木馨会長)の第13回定期総会が29日、岬館で開かれ、今年度予算、活動計画を原案通り承認した。任期満了に伴う役員改選で植木会長ら正副会長の留任が決まった。

 総会では植木会長が「協会設立以来、確実に交流の成果は上がっている。今後とも会の存続をお願いたしたい」とあいさつ。また、在新潟大韓民国総領事館の洪性和総領事は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との南北首脳会談、日韓の文化交流、サ ッカーワールドカップ日韓共同開催など朝鮮半島の情勢変化などに触れ、「21世紀に向け、日韓新時代を開く交流を」と呼び掛けた。

 今年度事業として、次回韓国親善訪問の事前準備、地域交流行事への参加などを決めた。また、会員確保など組織強化に取り組むことにした。役員改選では植木会長が留任受諾の後、「次の人にバトンタッチすべきと思っていたが、任期中、目的達成の ためがんばりたい。次は皆さんの中から会長を出し、活躍してほしい」と述べた。

 総会後の懇親会では、新潟産大の韓国留学生8人が母国の伝統結婚式の様子を再現。今日ではなかなか見られない婚礼とあって、学生らは事前にインターネットなどで調べ、衣装を手配した。出席者は披露宴に招かれた親せきという趣向で、色彩豊かな模 擬結婚式の様子を楽しんだ。

 会長以下の新役員は次の通り。任期は2年。○印は新任。
▽会長=植木馨
▽副会長=与口登美夫、近藤日瑞夫、土肥保男
▽理事=○西川正男、入沢真一、渡辺幸作、山崎貴子、品田隆俊、○堀孝栄、今井元紀、真貝維義、○内田安三、○山本浄信▽監事=箕輪忠敬、丸山敏彦▽事務局長=○本間厚幸

(2000/ 5/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。