PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
ぎおん花火 600連発など記念企画

 柏崎の夏を彩るぎおん柏崎まつり海の大花火大会で、市とまつり協賛会事務局の柏崎商工会議所は、30日から花火協賛金募集の事業所訪問を開始した。

 海の大花火大会は7月26日午後7時半から、市内中央海岸で打ち上げ。今年は西暦2000年で市制60周年に当たることから、前年より200万円増額で600万円規模の市民一同海空中大スターマイン、日本海側最大の試みとなる尺玉600連発の記念超大型花火、さらに還暦に当たる市民から1口6,000円を募る祝60歳特別大スターマインなど、新企画が盛りだくさんだ。

 当夜はJR新潟支社が越後線で午後10時10分、柏崎駅発、吉田駅行きの特別臨時列車を運行させるなど、沿線の市外見物客へもアピールする。

 尺玉600連発の特別協賛金は市外企業などを対象に1社1口50,000円から。成人式・誕生祝いなどプログラムにメッセージが載る個人対象などの協賛金は1口5,000円から。スターマインは昨年と同額で、20万円から200万円の超ベスビアスまで。今年は20万円ごとにさじき席1マス(定員4―5人)を無料提供する。

 協賛会事務局の会議所は「出足の手ごたえは昨年並み。市制60周年なので今後の反響を期待したい」と話している。協賛金募集は6月19日まで。問い合わせは市商工観光課(電話21―2311)、会議所(電話22―3161)へ。

(2000/ 6/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。