PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
県高校総体なぎなたで柏崎の池田選手優勝

 県高校総合体育大会なぎなた競技大会が10日、市武道館で行われ、個人の部で柏崎の池田晴代選手(高田工業2年)が優勝し、インターハイ出場を決めた。柏崎勢の優勝は7年ぶりだ。

 大会は3部門で行われ、演技、団体とも新潟明訓勢が制した。個人戦の決勝トーナメントは7選手で行われ、池田選手は1回戦を一本勝ち。準決勝で新潟明訓の伊藤香織選手に3―0の判定で勝った。決勝で渡辺みちよ選手(新潟明訓)と時間内で勝負が着かず、延長2回目、池田選手が面を決め一本勝ちした。

 池田選手は市内谷根。地元コミュニティセンターのなぎなた教室で小学生の時から演技を習い始め、実際の試合は高校に入学してから取り組んだ。同教室に一緒に通う柏農2年・池田富士子、柏商1年・小俣美也の両選手は北信越大会に駒を進めた。インターハイ出場を決めた池田選手は「優勝できてうれしい。自分の試合をしたい」と抱負を語った。

(2000/ 6/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。