PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
衆院選の戦いスタート 2区は4人立候補

 第42回衆院選挙は13日公示され、25日の投票日に向けて戦いがスタートした。柏崎市・刈羽郡など小選挙区・本県2区には、桜井新(67)=自民前=、近藤基彦(46)=無所属新=、村山史彦(65)=共産新=、川原勇(61)=無所属新=の4氏(届け出順)が立候補した。立候補の受け付けは午後5時までだが、ほかに動きはなく、4人の争いになることはほぼ確実だ。

 今回の選挙は、平成8年10月以来3年8カ月ぶりで、自民・公明・保守の連立政権下で初めて行われる衆院選。連立政権の信を国民に問い、景気、サミット、「神の国」発言などを争点に戦いが展開されることになる。

 前回の辛勝から七選を目指す桜井氏は、西川市長を柏崎地区選対本部長に据えるなど、前職の強さを生かした布陣。「再生日本」や原子力立地地域の振興を訴える。近藤氏は世代交代による政治改革などを主張し、地盤の佐渡・西蒲原に加えて柏崎・刈羽での票上積みで雪辱を期す。前柏崎市議から国政進出をねらう村山氏は、自公保政権批判やプルサーマル反対など政策前面の戦い。川原氏は佐渡の活性化などを訴えて支持拡大を目指す。

 各候補は初日、西蒲原や柏崎で第一声を上げ、佐渡を含む2区で12日間の選挙戦を開始した。

(2000/ 6/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。