PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
一中生徒会が今年もえんま市清掃

 市立一中(種岡隆夫校長、生徒数311人)の生徒たちが15日早朝、「えんま市」メーンストリートの東本町や中央通りなどで清掃作業に精を出した。同校生徒会の柏友会がえんま市清掃を続けて今年で10年目。西川市長も駆け付け、生徒らを励ました。

 同校生徒会は平成3年、えんま市に放置される膨大なごみを実際に見て、清掃することで地域の環境美化を考える機会にしようと提案し、初めて早朝清掃を実施した。初年度は1日、翌年からは2日間にわたって活動に取り組んだ。10年目の今年は、学年別に3日間を計画し、初日は3年生(106人)が担当した。

 午前5時半、フォンジェ前で市長から「私の中学生時代にもえんま市はあったが、こんなに早起きして清掃することはなかった。誰も知らない時間にきれいになった所で、大人も子供もたくさんの人がえんま市を楽しむと思う。10年間本当にご苦労さま。これからも頑張って続けてほしい」と激励の言葉を受けた後、さっそく作業を開始した。

 生徒たちは各クラス別でそれぞれの清掃区域に分かれ、保護者、教職員と一緒に、大きなごみ袋を持ち、紙くずや空き缶、食べ物くず、吸いがらなどをせっせと拾い集めた。森智史・生徒会長は「ごみの多さに驚いた。こうして作業をすることで、みんなの環境美化への意識が強まったと思う。一中の伝統として後輩に続いていけばいい」と話した。

 この日はシルバー人材センターの会員、一般のボランティアらも参加し、可燃ごみ2,750キロ、不燃ごみ340キロを回収した。続いて、16・17日の早朝には、2年生、1年生の順で清掃を行うことになっている。

(2000/ 6/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。