PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
えんま市に風の盆流し

 市内加納出身で、富山県八尾町でおわら絵を描き続けた絵師・故笠原輝芳さんの遺作展が15日からソフィアセンターで始まった。初日は八尾町から「聞名寺風の盆講中」の有志13人が駆け付け、おわらの街流し、輪踊りを披露した。

 遺作展では掛け軸、びょうぶ、色紙、まき絵など大小200点を展示している。笠原さんのデザインによる衣装、風の盆で八尾町の通りを飾るぼんぼりが、会場に流れるおわらのテープが雰囲気を盛り上げている。会期は25日まで。

 15日夕はフォンジェ地下の広場で、風の盆講中の庵進さん(55)が「笠原さんとはおわらの縁で出会い、不思議な縁で柏崎に招いてもらった」とあいさつ。胡弓、三味線、太鼓の演奏にのせて、笠原さんデザインの衣装で踊りを披露した。四階までの フロアを観客が埋め尽くし、おわらの風情を満喫した。

 一行はこのあと、えんま市でにぎわう通りをフォンジェ前からソフィアセンターまで流した。大勢の市民が待ち受けるソフィア前では、夕暮れのぼんぼり、ちょうちんが情緒をかもし出し、幾重にも囲んだ人垣の中で追悼の踊りが繰り広げられた。笠原さんの実弟の豊さん(46)は「講中の皆さんと一緒に、兄も存分に踊ったと思う」と感謝の言葉を述べた。

(2000/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。