PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
国体軟式野球一般Aで市役所が北信越へ

 第55回国体軟式野球一般A県代表決定戦(県軟式野球連盟主催)が27日まで長岡市悠久山球場で行われ、柏崎市役所が4―2で北陸ガスを破り、県代表として北信越大会に7年ぶり2回目の出場を決めた。

 決定戦には各地区代表の8チームが出場。市役所は昨年、国体一般Bに出場したため、今年から一般Aに昇格した。25日に行われた佐渡アイランダースとの1回戦は投手・吉野公浩が7回完全試合を達成し3―0。準決勝は相手のアグレスGが人数不足で棄権した。

 決勝に進んだ市役所は、昨年の県代表の北陸ガスと対戦。1―1で迎えた6回、市役所は1点を失うが、その裏に反撃開始。1死2、3塁から、遊ゴロの間に3走が生還し同点。死球で2死1、3塁となり、渡辺正行が決勝点となる左前適時打を放った。5回から大橋洋志に代わり吉野が投げ、9回に1死満塁のピンチを招くが、後続2人を3ゴロに打ち取った。

 市役所は8月25日から長野県諏訪市で行われる北信越大会に出場する。市役所の今井旭監督は決勝戦について「北陸ガスとは対等の力と思っていた。選手もその通りにプレーしてくれた」とし、「調整してレベルアップを図り、北信越国体に臨む」と話した。

(2000/ 6/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。