PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
鵜川地内で22・23日にオフロードレース

 県内外からオフロード競技者を迎えて「柏崎オフロードフェスティバル・イン鵜川」(同実行委員会主催)が22・23日、市内鵜川地内の鵜川ダム建設第一残土捨て場の特設コース約1.5キロで開かれる。市制60周年記念協賛事業の1つで、市内では初めての試みだ。

 種目は四輪、バイク、自転車(マウンテンバイク)の3つ。2日間でそれぞれ4レースを行い、総合点を争う。現在、全国から各種目とも約30人がエントリーしている。応援の家族を含めると100人以上が会場に集まる予定だ。

 鵜川地域でも開催を歓迎しており、初日夜のウエルカムパーティーでは地元の手料理でもてなすほか、綾子舞を特別に上演する。

 大会を企画した荻原達哉・実行委員長は「市民にはこのイベントを通じてオフロードレースのだいご味をわかってほしい。また、競技者には地元の人たちとの交流を通じて柏崎の文化や自然を広く知ってもらいたい」と話している。

 入場無料で一般の観覧も歓迎。2日目の午前中には体験走行の時間も設けられている。周辺に屋台村も設営される。

 大会のスケジュールは次の通り。

【22日】
▽開会式=午前8時
▽第1レース=午前9時―正午
▽第2レース=午後1時―4時
▽ウエルカムパーティー=午後5時

【23日】
▽第3レース=午前8時―11時
▽体験走行=午前11時―正午
▽最終レース=午後1時―3時
▽表彰式・閉会式=午後3時半

(2000/ 7/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。