PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
柏崎ナイター野球 米山バットマンズ優勝

 74チームが参加して8月から連夜の熱戦を展開してきた第24回柏崎ナイター野球大会(柏崎日報社主催、柏崎野球連盟、市教育委員会、柏崎体育団、ダイワマルエス後援)は4日夜、荒浜運動場で米山バットマンズ対チャイムバトラーズの決勝戦が行われ、0―0の同点の末、米山バットマンズが2回に及んだエキストライニングスで勝って、3年ぶり3度目の優勝を飾った。過去に8回の優勝経験を持つチャイムバトラーズは、準優勝は2度目。3位はバックスクリーンとBOSE。

 最優秀選手賞には、決勝で全打席に出塁し、2回目のエキストライニングスで最初の2点安打を放った米山バットマンズの井上和彦選手、敢闘選手賞には決勝で規定の7回を無失点に抑え、エキストライニングスを含めて完投したチャイムバトラーズの牧口五月投手を選んだ。試合終了後、会場で表彰式を行い、3位までのチームと個人賞をたたえた。

◇4日の結果

=荒浜運動場A=

▽決勝

米山バットマンズ
0000000 0
0000000 0
チャイムバトラーズ

  35 8
  32 5
(9回エキストライニングス)

【米】牧野、坂井信―藤巻
【チ】牧口―鈴木潔

 バットマンズ・牧野、チャイム・牧口の若手投手同士の投げ合いとなり、ともに力のある速球などで相手打線を1安打ずつに抑える好投。七回を終わって両チーム無得点のため、無死満塁から攻撃を開始するエキストライニングスに入ったが、これも3―3の同点に。再エキストライニングスでは米山バットマンズが先頭井上の2点安打を口火に5点。チャイムも高木の適時打で2点を入れたものの、後続を相手救援投手の坂井信に断たれた。

(2000/ 9/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。