PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
鼓童公演 3,000人を魅了

 柏崎とはめおと都市の佐渡・小木町を本拠地として世界的に活躍する和太鼓集団「鼓童」の柏崎公演(同実行委員会主催)が10日、市総合体育館で開かれた。本市の市制60周年を飾る秋のイベントの始まり。あいにくの空模様にもかかわらず、入場者数は総勢で約3,000人に上り、強さと繊細さを合わせ持つ舞台に酔った。

 午後6時の開演前には、同館のメーンアリーナに設けられた畳席、いす席をはじめ、観覧席はいずれもぎっしりの人。トルコの印象をもとに作られた「三日月の夜」をオープニングに、腰だけを移動させて打ち込む独特のたたき方の「三宅」、日本の伝統的なリズムパターンを現代感あふれる曲にした「千里馬」などを次々と繰り広げた。

 締太鼓、宮太鼓、篠笛などが勇壮、繊細な音を奏で、インドネシア・バリ島の楽器「ティンクリ」も舞台に彩りを添えた。中でも、直径3尺9寸の1本の木をくり抜いて作った宮太鼓による曲では、表と裏に分かれた2人の打ち手が下帯姿で演奏し、1人が心臓の鼓動のように地のリズムを刻み、もう1人がそれに乗って自由に打ち込んだ。アンコール曲で締めくくるまで、観客の大きな拍手が鳴りやまなかった。

(2000/ 9/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。