PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
市の平成11年度決算 一般会計は13億円黒字

 市の一般会計・特別会計の平成11年度決算によると、一般会計は歳入430億5534万6000円(前年度比1.2%減)、歳出417億2929万8000千円(同0.1%増)、差し引きで13億2604万8000円の黒字だった。翌年度への繰越財源を除いた実質収支は12億6746万3000円の黒字、前年度実質収支を引いた単年度収支でも4023万8000円の黒字となった。決算は18日の市議会9月定例会最終日本会議に認定議案が提出された。十月から決算特別委員会で審査が始まる。

 一般会計の歳入では市税が全体の四8.8%の約210億円に上るが、原発固定資産税の減や景気低迷による市民税の減で前年度を11億円下回った。逆に前年度より増えたのは繰入金、地方特例交付金、電源立地促進対策交付金など。歳出では民生費、土木費、公債費などが伸び、教育費、商工費、農林水産業費、総務費などが減った。市債残高は8億1600万円増え、340億9700万円。

 一般会計を中心とした普通会計での過去3カ年平均の財政力指数は1.087で前年度を0.069ポイント下回った。また経常収支比率は77.4で5.3ポイント上回り、公債費比率は14.5%で1.5ポイント高くなるなど、いずれも悪化した。

 各会計の歳入・歳出・差引額は次の通り(1000円単位は四捨五入)。

  歳入 歳出 差引
【一般会計】 430億5535万円 417億2930万円 13億2605万円
【国民健康保険事業特別会計・事業勘定】 49億4749万円 46億5745万円 2億9004万円
【同・直営診療施設勘定】 1億4865万円 1億4859万円 7万円
【老人保健特別会計】 76億1962万円 76億4566万円 -2605万円
【土地取得事業特別会計】 8億4644万円 8億4644万円 0
【下水道事業特別会計】 69億8238万円 68億1370万円 1億6867万円
【墓園事業特別会計】 6511万円 6482万円 29万円
【農業集落排水事業特別会計】 28億1682万円 28億752万円 930万円

(2000/ 9/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。