PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
柏崎の基準地価 平均で下げ幅拡大

 県は19日、土地取引の目安となる県内の基準地価を発表した。柏崎では林地を除く15の継続調査地で全用途の地価の平均変動率がマイナス1.1%と2年連続の下落となり、下げ幅は0.6ポイント拡大した。住宅地では前年度の0.1%上昇から0.3%下落とマイナスに転じた。

 この調査は、国土利用計画法に基づく適正な土地取引を図るため、都道府県知事が毎年7月1日現在で基準地の単位面積(宅地などは1平方メートル、林地は10アール)当たりの価格を判定し、公表している。国土庁が1月1日現在で調べる地価公示を補完し、相互に公的地価のネットワークをつくる。地価公示と都道府県地価調査は、一体として土地取引の指標や鑑定評価の規準となるよう一部で共通地点を設けてある。

 県内基準地は697地点。林地を除く全用途平均の変動率はマイナス1.9%で5年連続の下落となり、5年間で最大の下げ幅となった。住宅地はマイナス1.1%で3年連続、商業地はマイナス5.7%で8年連続の下落だった。

 柏崎では住宅地11地点のうち、9地点で変わらず、2地点で下がった。商業地の3地点はいずれも下落し、平均4.0%のマイナスで、下げ幅は前年度より1.5ポイント拡大した。刈羽村は3地点(いずれも住宅地)の平均が0.3%の上昇で全用途で県内4位、住宅地では小国町武石地内が1.8%の上昇で同4位の上げ幅だった。

 柏崎刈羽30地点の基準地価は次の通り(かっこ内は変動率)。

【柏崎市】

住宅地

▽春日2-9-35、44,500円(0%)
▽横山長峯1438-30、43,000円(0%)
▽上田尻池ノ峰2914-85、40,000円(0%)
▽幸町6-12、79,000円(-1.3%)
▽諏訪町7-4、106,000円(-1.9%)
▽城東2-2-10、55,000円(0%)
▽米山台3-4-6、53,200円(0%)
▽北半田2-3-2、60,000円(0%)
▽松波3-1-64、36,500円(0%)
▽安田古川3530外3筆、25,000円(0%)
▽鯨波3-4-8、39,500円(0%)

商業地

▽諏訪町12-3、132,000円(-2.2%)
▽東本町2-2-31、185,000円(-8.9%)
▽関町10-12、104,000円(-1.0%)

工業地

▽北斗町3-23、47,500円(-1.5%)

林地

▽小島浦ノ山1841-1、200,000円(新規)

【高柳町】

住宅地 ▽岡野町大地田1750-3、13,800円(0%)
▽石黒東ノハバ6799外1筆、1,200円(0%)
▽門出勝田5270-1外1筆、3,700円(0%)

【小国町】

住宅地

▽武石月岡602-2、5,800円(1.8%)
▽原袋ノ原甲543-1、4,520円(0%)
▽新町小町584-2、15,600円(-2.5%)

【刈羽村】

住宅地

▽刈羽前田745-2外1筆、23,700円(0.9%)
▽赤田北方前田436、8,500円(0%)
▽刈羽小谷地1757-3外1筆、20,000円(0%)

【西山町】

住宅地 ▽礼拝前田765-4、16,000円(0%)
▽大崎抜山下556-1外1筆、9,800円(0%)
▽別山内越1537-1外4筆、3,200円(0%)
▽坂田下沢田1849-1外1筆、6,800円(0%)

工業地

▽黒部嶋崎975-1外1筆、17,000円(0%)

(2000/ 9/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。