PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
産大の後期公開講座 学生と肩並べ授業

 市内軽井川、新潟産業大学で25日、社会人を対象とした後期公開講座が始まり、学生に交じって主婦、年配の市民らが聴講した。

 講座は昨年に続き2年目。経済、人文両学部の5講座で社会人を一般聴講生として各4回受け入れる。募集定員は各20人程度。今のところ、聴講生は中堅世代から70歳代まで。

 初回は経済3、4年生の専門科目であるマーケティング論。講師の鍋田英彦教授は商品取引にまつわるマーケティングの変遷にふれ、今日ではモノから無形のサービス、ビジネスから医療・行政サービスへと、商品概念、実施主体、手法が広がり、多様化していると説明。「これからのマーケティングは顧客志向という理念を根底に置きつつ、社会公共的な視点、環境への配慮が不可欠だ」と述べた。

 このあと、28日には比較文化論、29日には経営組織論、10月11日には日本美術史講座、同月24日には異文化コミュニケーションが始まる。このうち、異文化コミュニケーションは来月13日まで募集中。日本美術史講座は定員を超えたため、締め切った。問い合わせは産大生涯学習センター(電話24-8411)へ。

(2000/ 9/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。