PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
山田しげおさんが詩集「地をはう」

 市内諏訪町、バリアフリーフォーラム柏崎代表・山田しげおさん(47)が詩集「地をはう」を発刊した。自身の詩集としてはこれで3冊目。暮らしのことや現実の厳しさ、夢、子どもたちへのメッセージなどがつづられている。10月1日には産文会館で発刊記念パーティー、22日には栄町の元気館で詩集の朗読会が行われる。

 山田さんは脳性まひのため、8歳から15歳まで療育施設・県立はまぐみ学園で過ごし、新潟養護学校高等部で学んだ。その後、東京都日の出町の授産施設・日の出舎に入り、平成6年にふるさとの柏崎に戻るまで、詩集「椅子車」「生きていく場所」の2冊を出版している。

 3冊目の詩集「地をはう」は柏崎に戻って以来、5年間で作った詩を収録した。「海岸沿いに植わっている松の木は地をはうように立っている まっすぐ伸びないで 年寄りみたいに立っている 腰がまがっていても それでも天に向かって 伸びよう 伸びようと しっかり根っこをはって立っている(略)」(地をはうより)をはじめ、「21世紀と子どもたちへ」「障害者だって人」「おかあさんへ」の各章に合わせて約80編を数える。

 山田さんはあとがきで「言語障害があるために自分のことがよく伝わらない。相手に自分のことをわかってほしいために詩を書いている。この詩集を通して障害者も、障害のない人も何か通うものができたらうれしい。詩集を読んだすべての人が『生きていることはいいことなんだ』と思うような『詩』があったらうれしい」と記している。

 A5判107ページ。イラストは群馬県在住の小島晃代さん。問い合わせは山田さん(電話21-0241)へ。

 10月1日の記念パーティーは午後零時半から産文会館。会費は3,000円。22日の朗読会は午前10時、午後2時から元気館デイサービスルーム。

(2000/ 9/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。